SEO対策 -専門家が教えるその方法-

 

Web製作においてはいかにアクセスを増やすかが最重要課題です。
特に物販サイトなどでは集客力の有無が決定的に売上を左右するので
きちんとしたseo対策が必要です。SEO対策のタブーを知ろうはこちら


seo対策の基本

 

Web製作におけるseo対策とは、検索エンジンに自らのページを見つけてもらい、
それを検索結果のページ上位に表示してもらうことです。


したがって機械が見つけてくれやすいページ作りが必要です。
Web製作と併行し、また製作後でも随時見直しを掛けて精度を上げていくのです。

seo対策におけるHTMLの記述はひとつ目の注意点です。例えば「閉じる」のタグの省略など
悪いことにいくつかのタグではそれでも機能してしまうのです。


しかし検索エンジンは機械ですし、またHTMLのバージョンが変われば、より厳密さを要求されるのです。

ページが動けばよい、ではいけません。質問!SEO対策 

Web製作においては、事前にいくつかのサイトを参考にしていることでしょう。
その中には素晴らしい出来映えのサイトがあったはずです。


自らのWeb製作が完了したら是非相互リンクをしてもらいます。
相互リンク


二つめの注意点は自らのサイトの充実度です。

 

相手がこちらのサイトを見た時に、わざわざ相互リンクを貼る価値があるかどうかを考えるでしょう。
見劣りするサイトとリンクを貼り合ってはむしろマイナスになりさえするからです。


まずは一定のクオリティを確保するべくWeb製作に励むことが重要であり、注意点なのです。

 

HTMLとは?ウェブページを支える「要素と属性」から成り立つ言語

HTMLとは、HyperText Markup Language の略称です。
Web製作の際には、このHTMLを用いることになります。HTMLを使用すれば、文字を修飾したり、画像や動画を表示したり、他のサイトへリンクを貼ったりすることができます。HTMLでは、文書に意味づけを行うためタグを使います。

HTMLは要素と属性から成り立ちます。
要素とはHTMLを構成する基本的な単位を指し、通常は開始タグと終了タブで囲まれた範囲のことを指します。それにパラメータ設定するようなものが属性となります。 HTMLには規格により違いがありますので注意が必要です。

具体的には、HTML4.01、HTML5などがあります。HTML4.01は従来の仕様で、Strictという種類を選択すると、廃止や非推奨となったものは使用できません。
HTML5は次世代の仕様で、HTMLでは文章構造のみを記述し、見栄えはスタイルシートで設定することが推奨されています。 SEOでは文章が論理的に構成され、シンプルで無駄のない記述が重視されます。

特にaとmetaとtitleはしっかり確認し、h1などの見出しを表すものもチェックするようにしましょう。